タカミスキンピールって妊娠中の肌荒れに効果あるの?使用して問題ない?

妊娠してから起こる、肌荒れ。

今まで使っていた美容液などの化粧品も段々と肌に合わなくなっていく女性がほとんどではないでしょうか。

妊娠してから約3ヶ月の間は肌が荒れやすいと言われています。

そんな時に、肌が荒れてきたりニキビ等の吹き出物ができてしまったら気になってしまいますよね。

今回は、そんな妊娠中の女性が気になっているタカミスキンピールで肌は綺麗になるのか?また、妊娠中に使用しても肌に悪影響はないのか?

についてお伝えしていきますね^^

 

タカミスキンピールは幅広い年代の女性に愛用されていますが、その中でも30代の女性が多く使用しています。

20代後半から30代前半の間に妊娠する女性が多いと思いますが、妊娠してからの肌荒れって仕方ないかぁ・・・と諦めていませんか?

 

結論から言いますと、タカミスキンピールを使って肌が荒れが治ったり、ニキビ等の吹き出物が完全に治る事はありません。

(全く治らないという事ではありませんよ^^)

 

そして、妊娠中にタカミスキンピールを使って肌が荒れないか?については全く問題ありません。使用しても大丈夫です^^;

実際に、タカミの公式サイトから問い合わせてみました。

次の日には返信があり、妊娠中に使用しても全く問題はないそうです。

 

では次に、タカミスキンピールが妊娠中の肌荒れにどうして効果がないのかお伝えしていきます。

まず、妊娠中に肌が荒れてしまう原因はいくつかありますが、その中で一番考えられる原因がホルモンバランスの乱れによるものです。

(他にもこれから生まれてくる子供に対しての期待や不安などの感情が、あなたの精神面にストレスを与えてしまい、肌が荒れてしまう事も考えられます)

 

女性ホルモンには2つあり、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)があります。

この2つのホルモンは、一定の周期バランスを変えながら、女性の体内に作用しているのですが、妊娠中はこのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が沢山分泌されるのです。

元々、この2つのホルモンは基礎体温を上げたり、逆に下げたり ・体調を整えたり、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする働きがあります。

これが必要以上に分泌されると、肌が荒れてしまうのです。

これがタカミスキンピールとどんな関係があるの?と思ってしまいそうですが、

 

肌が荒れる原因は、妊娠中に女性ホルモンが沢山分泌されるため。

 

と、今お伝えしましたね^^

 

では、あなたはタカミスキンピールがどんな効果があるのか知っていますか?

 

・タカミスキンピールは角質層を整えることで肌の代謝を高め、美容液や化粧水などの化粧品を浸透させやすくする効果があります。

 

つまり、ニキビや吹き出物を治す為に特化した化粧品ではないのです。

 

例えば、あなたが妊娠していなくてニキビができている状態だとしましょう。

タカミスキンピールを肌に塗る事で美容液や化粧水が浸透しやすくなります。

この時、ニキビに効果ある美容液だった場合その美容液は肌の奥の角質層まで浸透する為、ニキビが治る確率は高くなりますよね。

でも妊娠している場合は、そもそも女性ホルモンが沢山分泌している訳で、タカミスキンピールでホルモンの分泌を抑える事は当然できません。

そして、これはタカミスキンピールだけに言える事ではなく、どんな美容液や化粧水にも言える事なのです。

 

「妊娠中に、ニキビができてしまったよ~!嫌だな~~・・・そうだ!プロアクティブを使ってみよ!」

 

このような場合でも、ニキビは小さくなる可能性はありますが、完全にニキビが消える事はないのです。

 

例え、消えたとしても妊娠初期の約三ヶ月の間は、肌が良くなってもまたすぐに荒れたり、小さな吹き出物ができたりするでしょう。

妊娠中は多少の肌荒れは仕方ないかぁ~くらいの気持ちで小まめにスキンケアする方がいいかもしれません^^;

 

まとめ

妊娠中にタカミスキンピールを使い完全に肌荒れが良くなることはない。良くなったとしてもまたすぐに小さな吹き出物ができたりする場合がある。原因は妊娠してから最初の三ヶ月はホルモンが沢山分泌されるため。

4ヶ月目くらいから効果を期待した方がいい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です